皮下脂肪と内臓脂肪の違い

トップページ > 皮下脂肪と内臓脂肪の違い

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

ダイエットを行う目的は、蓄積された体脂肪を解消させて健康的な体に整えることです。体脂肪には2つの種類があり、皮下脂肪と内臓脂肪に分類されます。
肌の最も奥が真皮層になりますが、真皮層と筋肉層を繋いでいるのが皮下組織です。そして、皮下組織内に存在する脂肪細胞が皮下脂肪となります。つまり、内臓にある脂肪よりも外側に蓄積されているのが皮下脂肪で、外側から指で掴むことができるのも特徴です。
ただ、皮下脂肪は人間の体にとって、なくてはならない存在です。活動するためのエネルギーを蓄えたり、外からの衝撃を緩和するクッションのような役割を果たしています。
皮下脂肪型肥満と診断された方の場合、たるみがあるため見た目ですぐに判断できます。皮下脂肪は、やがてセルライトに発展する脂肪です。セルライトを解消するためにダイエットを始める方も多いでしょう。皮下脂肪が溜まり過ぎると、足腰の関節を痛めやすくなります。体に負担をかけないためにも、食事制限や運動などを取り入れたダイエットを始めましょう。

 

皮下脂肪が外見から分かりやすいのに比べて、内臓脂肪は外見だけでは判断がつきません。しかし、内臓脂肪を放置しておくと、生活習慣病を発病するリスクが高くなるため注意が必要です。
皮下脂肪のように、外から掴むことができないのが内臓脂肪です。内臓に隠れた脂肪のため、健康診断を受けた際に指摘されることがあります。特に血管が多い部分に蓄積される脂肪ですから動きも活発です。そのため、内臓脂肪は増減が盛んに行われているのです。

 

食事から摂取したカロリーが、皮下脂肪になるか内臓脂肪になるかは、体質や性別によって異なります。男性は皮下脂肪よりも内臓脂肪につきやすく、エネルギーとして蓄えられるようになっています。男性、女性の体脂肪を比べてみると、男性の方が内臓脂肪の割合が大きく、内臓脂肪型肥満と診断されます。